マニフレックスでいい眠りを

マニフレックスの素材

安眠できるマニフレックスにはポリウレタンフォームのエリオセルが使われています。

眠り心地の良いマニフレックスに使用されている高密度弾性素材のエリオセルは、 弾力もあり人間の睡眠には最適な硬度だともっぱらの評判です。 硬いのが好きという人もいればその逆と答える人もおり、ベッドの硬さはどれほどが 一番なのかはっきりと答えるのは難しい問題なのですが、それでも多数の方がこの 素材に対して高い評価をしていることを考えると、ひょっとしたらマニフレックスは 万人向けのマットレスなのではと思えてしまいます。 硬いか柔らかいかで言えば決して硬くはありませんが、弾力性・復元力が大きいので しっかりと横たわった身体を押し上げて支えてくれるため、沈みすぎるということは まるで感じられないのが大きな特徴になります。 マニフレックスはスプリングを使っていない高反発素材が売りなので、夜の23時頃 にお風呂からあがって青色(ブルー)の清潔なパジャマに着替えて寝転がると、一度は 体重によって凹みますが体全体を包み込むようにまんべんなく全身を持ち上げるように 優しく支えてくれるのです。 重みのかかる腰の部分を重点的に反発するかのように押し返してくるのではなく、 手や脹脛も含めた全身をくまなく支えてくれるのです。 どんなスタイルの方でも安心してその身を委ねることができ、その人の体のラインに 合わせて変形してくれるように感じられるので支持者も多いのでしょう。 スポンジにも似たポリウレタンフォームのエリオセルという素材だからこそ実現できた この新感触は、寝るのがとっても楽しみになってしまう面白さを持っています。 それまでは寝ても疲れが取れないしベッドのオバケが出てくる悪夢にうなされてしまい 睡眠が苦痛で仕方が無い、と悩んでいた人でもこのマニフレックスに寝具を替えてからは ほぼ毎晩楽しい夢を見れるようになるとの話も聞きます。 「昨日は力士や税理士、学校の先生や美容師さん達との大食い対決で圧勝した夢を見た、 ベジタリアンだけどサラダバーは1回しかおかわりしないほど普段はそんなに食べない ボクなのにね」なんて嬉しそうに語ってくれる人もいれば、「競馬で万馬券を当てる夢 を見たんだけど正夢かもしれないしこれから行ってこようかな、よければ一緒に行く? 競艇でもいいけど」と誘ってくる人もおり、共通しているのはとても楽しそうな表情 になった、まるで生まれ変わったかのように活き活きとした顔つきに変化した、と周囲 から見ても分かりやすい点があります。 マニフレックスの素材は各人に合わせて形状を変化させることだけに優れているのでは なくそれ以外にも多くの秀でた利点を持っています。 人は活動中だけではなく就寝中にも結構な量の汗をかくのですが、そのことをあまり 気にしてる人はいないようで感触だけで寝具の良し悪しを決めてしまう軽率な考えを お持ちの方もいらっしゃいます。 ですが健康的で快適な眠りのためには発汗にも対策をしている寝具を選ばなければ 半人前の選択と言わざるをえず、どんなに自分の身体にフィットしようが健康的という 部分で劣る寝具になってしまうのです。 エリオセルという素材は空気を多めに含んでいるので就寝中の汗も吸収してくれて 放湿性能も高く、つまり衛生的なマットレスであるとみんなに自慢できるのです。 汗をかくと湿っぽくなる寝具ではちょっと気持ち悪いですし、頻繁にお手入れをしないと 不衛生な状態を長くキープすることになってしまいます。 これではどんなに素敵な寝相で眠れるとしても、そのうち病気になる可能性もあるので あまり良いとは言えませんし大切な人をそこに寝かすわけにもいきません。 汗をかいたらそれを取り除いてくれるのが真の至宝の寝具で、それができなければ どんなに弾力があろうが疲れた身体を支えてくれようが2級品と評価されます。 病原菌の温床になりかねない寝床では安眠できると人には勧められませんし、仮に できるとしても自分がそこで眠るのは気が進みません。 健康な生活を送り続けたいのならそうしたことも考えなければいけません。